地域の生活基本情報

びびなび生活情報コラムは留学、転勤などで引っ越してきた方々に各地域で必要な生活情報をお伝えするコラムです。教育、医療、金融、飲食業など様々な種類の専門家が生活に必要な情報を提供します。

2020年 2月 21日更新

知っておくと便利な医療機関の違い

皆様こんにちは!

倉岡クリニック ダラスにて医療サービスを提供させていただいているファミリーナースプラクティショナー(FNP)の平(たいら)です。ナースプラクティショナー(NP)って何?って思う方々もいらっしゃるかもしれません。アメリカでは1960年代より診療を行える看護師の育成が始まり、1988年に全米50州にて導入された医療資格です。私自身も日本、アメリカ両国で正看護師として長年勤務してきた後、FNPとして倉岡クリニックで働いています。今後とも日本人の皆様に安心で質の高い医療サービスを提供していけるよう頑張らせていただきます。

まず、皆様は病気になられたとき何処で受診されますか?今回はアメリカ、特にテキサス滞在中に知っておくと便利な医療機関の違いについてお話しさせていただきたいと思います。

平日の朝9時から夕方5時までの間でしたら、日本と同じようにクリニックを受診される方々がほとんどだと思います。それが普段から診ていただいているかかりつけ医の場合は最適です。

ただし、とても体調が悪く、今日中に診察して欲しいのに当日の予約が取れない、仕事が忙しくどうしても時間内にクリニックに行けない等、いろいろな事情が出てくることもあると思います。

そういう場合に知っておきたい場所は:

Walk-in Clinic

風邪や結膜炎、膀胱炎等、比較的軽い症状だけど心配だから診て欲しいという時に適しており、大体夜7時ごろまで診療しています。ほとんどがNPが常在しているクリニックで、代表的なものが大型薬局、CVS Pharmacyに併設されているミニッツ クリニック(Minutes Clinic)です。

また、CVS以外の薬局でも似たようなサービスを行っているところがあります。

Urgent Care

こちらはかかりつけ認定医やNPが常在しているクリニックで、当日予約なし(Walk-in)で行くことも可能です。大体夜8―9時ごろまで診療しているところが多く、レントゲンなどの検査機器も整っています。Walk-in Clinicで対応できる症状に加え、腹痛、下痢のような内科的症状から、捻挫、縫合が必要な傷の手当て等の外科的症状にも対応ができます。

Emergency Room(ER・救命救急センター)

こちらは重篤な症状や救命救急処置に対応できる場所です。意識を無くした、呼吸が出来ない、胸が痛い、嘔吐が止まらない,といった内科的症状から交通事故、転倒による重篤な外科的処置まで、すべての病状に対応することができます。24時間年中無休で診療しており、救命救急認定の医師にWalk-inで診てもらえますが、患者様の重症度を最優先で診療していく為、生命に危険がないと判断された場合は長時間待たされる可能性もあります。

最後に、日本では馴染みがないですが、テキサス州ではよく目にするフリー スタンディング(Free Standing)ERについてお話しさせていただきます。

日本の救命救急センターは総合病院に併設されており、それはアメリカのほとんどの州でも同じです。ただしテキサス州は、病院に併設されているER以外にも、ERが独立している“フリー スタンディングER”が数多くみられます。

フリー スタンディングERの中にも2種類あって、病院施設の一部である施設と、病院に関係なく独立経営・運営している所があります(病院施設の一部のとして存在しているフリー スタンディングERは、病院の名前が看板に記されています。ダラス近辺ではBaylor、Texas Health、Medical City 等です)。

入院が必要と判断された場合、病院施設のフリー スタンディングERでは同じ病院に直接入院し、継続治療を受けることができますが、独立運営している所は、そちらが提携している病院に救急車で転院という形になります。また、独立経営・運営のFree Standing ERはMedicare、Medicaid、Tricareといったアメリカ政府が発行する保険がカバーされませんのでご注意ください。

よく話題になるように、アメリカは日本に比べると医療費がかなり高額です。生命の危険に関わる症状ではない状態でERを受診し、長時間待たされた挙句にお薬も処方されず、高額な医療費を請求されたという話はよくあります。

なので、日頃から患者様の体調を管理するかかりつけ医を決め、調子が悪くなったらすぐに相談する、というのが最良の選択肢です。

今回のコラムニスト
倉岡クリニック ダラス
平 裕子 (たいら ゆうこ / Yuko Medina)
APRN, FNP-C

1998年沖縄県立沖縄看護学校卒、正看護師免許取得。2003年米国正看護師免許取得。米国の病院、外来施設で勤務しながら2011年にWestern Governor Universityで看護学士号、2019年にWalden Universityで看護修士号、ファミリーナースプラクテイショナー資格取得。2019年4月より倉岡クリニック ダラスにてプライマリーケアを提供している。

2020年 2月 21日更新

上記は記事更新日時点の情報をもとに執筆されています。
最新情報は異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

Information

あなたの街の生活情報サイトびびなび(Vivid Navigation, Inc.)

びびなびは世界中の地域で生活情報を取り扱っているウェブサイトです。
こちらの「びびなび生活情報コラム」は、弊社による執筆ではなく、各分野の専門家の方々にそれぞれの地域で役立つ生活情報を提供していただいております。
特に留学、転勤などで引っ越してきたばかりの方々にご活用いただけましたら幸いです。

Vivid Navigation, Inc.

Harbor City, CA / 東京江東区